私に良い人ぶるな

こんばんは!子供店長こと、やるまんブログの店長Kです。

社員一人で営業してますけど、大変ですねぇとか、頑張ってますねぇとか、そういうの要らないんですよ。どんな仕事をしてるかも把握もせず、理解もしてないくせに、何が分かるというのでしょうかね。

そういう感情論って全く必要なくて、だったら少しでも軽減できるように仕事内容の精査したりするのが一番だと何故分からないのでしょうか。訳の分からんことでしょうもないミスを減らそうと何故努力しないのでしょうか。

って、日々思ってますけど、そんなこと言っても感情論の人たちには通じないので言いませんけどw

学校って、授業がありますけど、授業中に全て覚えて良い点数を取れる事ってないですよね。だから予習したり、復習したり、塾に通ったり、色んな努力をしていざという時に成果を出すんです。頭の良い人たちは特別なんだって思ってる人が多いですけど、やることをやってるんですよね。頭の悪い人たちはやらないだけなんです。それを見て見ぬふりしてますけど、それが現実であって、いつの時代も変わらんのですよ。
勉強できないのは、その科目の先生のせいにする人がいますよね。でも、良い大学に入る人がそんな言い訳して勉強しないでいると思いますか?そんなことはないんです。その事に対して一緒に指差しているように見えて、実は建前を上手に使ってるだけなんです。本気で指差しているのは自分だけなんだと気付くべきです。

それって、仕事も同じなんですよね。
仕事中にだけちゃんとやって、仕事以外では全く何もしないのって、平均以上の能力があれば良いですけど、出来ないならその日に教わったこととかを復習したり、次の出勤前に予習したりするべきなんです。
少なくとも私はそうやって仕事を覚えていきました。
何を言われたのか、何が大事な事だったのか、何を優先に仕事するのか、そういうのを帰ってから改めて考えたり、疑問を持てば、次の出勤にはポイントを抑えられるんですよね。
教え方が下手だとか、教え方が雑だとか、そんなダサい言い訳しても意味ないんです。むしろ、そういう教え方をしてる人を追い越す心の準備をして、いつでも踏みつけられるように自ら覚えていくんです。

要するに、勉強出来ない人っていうのは勉強の仕方が分からないんですよね。だから勉強出来ない人は仕事の仕方も苦手だったりするんです。無論、東大出ててもバカはバカなんですけど。

私だって未だに仕事を覚えてる最中です。
新しい仕事が増えるたびに、その情報をちゃんと探って自分に合うやり方を見つけるんです。
コロナ渦でデリバリーやらテイクアウトやらが需要増えましたけど、それだってどうやったら売上に結び付くかとか調べましたし。どういう打ち出しが良いのか、どういうのがイメージアップに繋がるのか、地域性は?他店の施策は?ウケの良いサービスは?デリバリー業者の特色は?評判は?
じっくり考える時間もありませんから、パッと調べて、パッと考えて、直感で動き出すんです。なんたって、一人だから時間が無いんですよw

もちろん間違いだってあるし、失敗もある。だけど、ちゃんと自分で考えて行動した結果ならば、それは次に生かせるんですよね。適当にやってたら、その結果も適当ですから役に立ちませんし。

私は周りの目を気にしないタイプなので、これだと思ったことはガンガン攻めます。誰かに笑われようが、心配されようが、それがどうしたって話なわけで。

賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶ。
って言葉がありますけど、私は愚者なので経験して肌に感じたいタイプなんです。新しい事に挑戦するのに、歴史なんてアテになりませんからね。

なので、大変だと思いますよ。うちのスタッフはw
じゃんじゃん新しい事をやっていくので、付いていくので精一杯だったりしてw
でも、私なりにはそれも織り込み済みなわけです。

仕事はね、やらされているうちは退屈だしつまらんのです。
でも、仕事をやっているうちは楽しい事も発見できるんです。
この違いは大切です。

むしろ、私はやってやってるに近い気持ちですけどwww

それも心の余裕の1つですかね。

良く言うじゃないですか、死に物狂いでやらなきゃダメなんだって。
私もそれは思います。一度は本気で何かに取り組んだからこそ、分かることがあるんです。
私もこの会社に入ったばかりのバイトの頃はまさにそれで、ずっと全力疾走で仕事を覚えていって、出来ないことも死ぬほどの気持ちで反復練習しました。(パスタ調理w)
出勤前?休憩時間?退勤後?もうずーっとレシピを頭に叩き込み続けて、分量も作る感覚もずーっと頭の中でヘビロテして、見て覚えて教えてもらって、また見て覚えて作っての繰り返しでしたね。それを約半年間。
もう二度と経験したくないw
だけど、できなきゃ調理場では使いモノにならないと思ってたので、必死でしたね。
今では、とあるパスタは全国一位だと自分で思うほどに自信があります。

周囲の人たちにはなんでも出来るイメージが私に対してあるみたいですけど、今思えばそれなりに努力はしてきたんです。バイトだからとか社員だからとか関係ないんですよ。総合評価をするのはお客様でしかないんですから。

努力は必ず報われる。
って言葉は大っ嫌いです。努力してたってことはあとから気付くものですし、努力してると今思ってる時点で、それは単に今時点での自己満足でしかないですから。大切なのは、結果が見えてきて、それが本気であればあるほど、結果が良くなるんです。自己満足で報われるなんてものはないです。
ただ、違う視点で言うならば、一生懸命にやった結果がどうであれ、それは自分の為になるんだってことですかね。一生懸命にやったからこそ、失敗を次に生かせる、失敗は成功の基ってことですね。

出来ないことが当たり前だと思い込んだら終わりです。
もうダメだと本気で思うくらいに、出来るように一生懸命にやってみる。簡単そうですけど考える力がないのなら、バカ正直に本気でやってみるべきです。

とまぁ、なんとなく思ったことを書いてみました。

今度こそ寝ます!w

それではまた!